| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

穀の蔵日記

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク
    サエ'sレシピ♪〜野菜と細切り肉の青椒肉絲風〜
    0

      どうも、サエです(*^_^*)。
      今日の仙台は34、4℃という、今年一番の暑さでした(^。^;)
      私は寒いよりは暑い方が好きなんですが、さすがに暑すぎですよね〜f(^ー^;

      十分な水分補給としっかりした食事は欠かさずに今年の夏を迎えたいと思っています。

      今日は、中華が食べたくなったので、青椒肉絲風にアレンジしました♪

      〜野菜と細切り肉の青椒肉絲風〜

      ?にら、チンゲン菜、ピーマン、エリンギ、竹の子、を切ります。

      ?豚肉を細切りにして、片栗粉をまぶしておきます。

      ?フライパンで豚肉を炒め、お皿にとっておきます。

      ?お肉から出た脂でピーマン、竹の子、エリンギを炒めます。


      ??の中にお肉をもどし、ニラ、チンゲン菜を入れて、塩、胡椒をしてサッと炒め合わせます。


      ?醤油、オイスターソース、酒、砂糖で味付けをして完成です。



      <サエの野菜豆知識読書

      にらといえば、独特のにおいで知られていますが、そのにおいは硫化アリルという成分で、消化酵素の分泌を活発にし、消化促進、食欲増進に役立つと共に、ビタミンB1の吸収を高める重要な役割を持っています。

      また、にらに多く含まれるビタミンA(カロチン)は、100gで成人男子の1日の必要量の9割をまかない、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれる働きがあるのです。 風邪の予防に欠かせないビタミンCも100g中25mgと豊富で、ビタミンB1・B2もバランス良く含んでいます。

      さらににらには、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を防ぐ効果があるカルシウムが、ほうれんそう並に含まれ、鉄・カリウムなどのミネラル成分も豊富です。

      にらは、成長期の子供や妊婦さん、中高年の方にぜひお勧めしたい食材です。

      にらの料理法としては、野菜炒め、にら玉、みそ汁、にらレバー、にら雑炊、ギョウザの具と、工夫しだいで色々な料理が楽しめる野菜ですよね。



      |20:17| 料理 | comments(0) | - | posted by
      スポンサーサイト
      0
        |20:17| - | - | - | posted by スポンサードリンク
        Comment








        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.